インタビュー

“「一般的に見ても優秀な『福利厚生』」”~家族を守っていく男の決意~

カテゴリー:インタビュー

第47回『恋愛グループ』主任/久保山さん 入社3年目

大学卒業後、地方で職を転々としていたという久保山さん。もうすぐ入社3年目となる恋愛グループは、「関東で一旗揚げる」と一念発起して辿り着いた会社だそう。骨を埋める覚悟で上京してきた久保山さんにとって、『横浜恋愛グループ』へ入社の決め手となったのは一体何なのでしょうか? そして、入社後に痛切に感じている自社の強みとは……?

img_int_renai-group_kuboyama01-2

一念発起で転職!

―久保山さんは、前職では何をされていたんですか?

営業職のサラリーマンです。とにかくもう、金銭的にキツくて大変でした。歩合なんかもなかったんで、ベース金額の18万円しか貰えてなかったんですよ。

―それってお幾つの時の話ですか?

20代後半頃ですね。まあ、地方だったので給料が安かったっていうのもあるんですが……。

―いや、それを加味しても低いですよね。そりゃ転職を考えますよ。

とはいえ、私は大学を卒業してから仕事が定着しなくて、職をずっと転々としてたんですよね。前職の営業をやってた期間も2年くらいだったんです。で、一念発起して上京する決意をしました。腰を据えて働くことを前提に。

―「上京して一旗揚げたるでぇ!」みたいな?

まさにその通りです(笑)ただ、何しろこっちに知り合いが誰もいない状態でしたから、求人誌やネットを頼りに職を探しまくりました。仕事が決まるまでは、カプセルホテル生活してましたよ。

―えっ! 普通、上京するなら決めてからでしょ!? 気合入ってるなぁ……。

そうはいっても一週間くらいで決めましたよ。それが今働いている「恋愛グループ」です。もう3年になりますね。今までの社会人人生で一番長く勤めてます。

―地方での転々虫生活から一転ですね! では、なぜ選んだ会社がここだったのでしょうか?

私には家族がいるので、とにかく福利厚生がしっかりしている会社という点に焦点を絞りました。社会保険関連はもちろんのこと、週1休みが当たり前の業界ですが、隔週2日(月により6日~8日)の休みも貰えて、お盆や正月も休めます。家族手当もありますよ。子ども一人につき5000円、配偶者10000円。札幌支店だと、暖房手当もあるんです。

『恋愛グループ』主任/久保山さん―それ、最近の一般の企業にもないくらいの手厚さですよ!

勤務日数、時間等の調整で高額給与も可能でしたが、私の場合、家族との時間が必要だったので、スタートは通常勤務の30万円位でした。一般的なイメージからすると、決して高くないかもしれませんね。3年経って主任職についた今は、30万円台後半の金額を頂いています。

―いや、だとしてもあれだけの福利厚生を踏まえれば、全く安い部類ではないですよね。

就業時間も、休憩ありで平均して10.5時間くらいです。他店に比べると、そんなに長くないらしいですよ。私はこの店が初めてなので、その辺はちょっとわからないんですが……。

―そうですね……一般企業と同じくらい。休日の数といい、けっこうプライベートの時間を大事にしてくれる社風のようですね。

そうなんですよね。だからですかね、結婚しているスタッフの割合が高いです。6割くらいは所帯持ち。

―おお……。それ、多いですよ。福利厚生がしっかりしてるから、既婚者が入社するのか、既婚者になるのか……?

いずれにせよ、家庭を持っている人間にとって働きやすい会社であることは間違いないです。ただ、既婚・未婚に関わらず仕事しやすいと思いますよ。上からの圧もなく、スタッフ同士が、大概のやりたいことをやれる環境なので。

心構えから教えてます!

―なるほど。久保山さんが勤務している店舗「横浜ハッピーマットパラダイス」は、どれくらいのスタッフが勤務しているんですか?

今は9名ですね。全員、正社員です。

―えっ!? アルバイト無し?

「横浜浜恋愛グループ」全店舗、アルバイトは雇ってないです。正社員だけで運営しています。

―それは、珍しいですね。

うちは、同業他社と比べても社員の研修制度がしっかりしてるんですよ。入社して数週間は、現場ではなく研修ルームで、店舗スタッフとしての接客理念や業務における心構え、働く上での基本姿勢から学ぶんです。その後、各店舗に配属になるという流れなんですよね。

―それ、正社員になるまでにある程度ふるい落とされるってことですか?

いやいや。それはないですよ。一旦入社させたからには、どんなに覚えが遅い人でも見捨てることはありません。その分だけ面接段階で厳しくチェックしてるので。ただ、それもこの仕事に対して理解してもらって、相互確認がとれた上で入社してもらいたいからって理由なので、「こういうやつはダメだ」みたいな切り捨て方はしないんです。

―なんか、想像以上にちゃんとした企業体制ですね……。『恋愛グループ』主任/久保山さん

入社できれば、その後のサポートは万全ですよ。上司や先輩がバックアップしてくれますから心強いですよ

―そういえば、久保山さんはこの店が初めてだと仰られてましたが、敢えてこの仕事を選んだ理由は?

最初の話に戻りますけど、お金ですね。経済的に厳しかったのと、職歴もちゃんとしてなかった私が東京で稼げるなら、こういう方向なんじゃないかと考えての決断です。

―実際に入ってみて、いかがでしたか? 業界に対するイメージとか……。

そこは全然変わりましたね。正直、一般社会とは違った世界っていう印象は本当に強かったんですけど……。実際やってみたら、仕事としてこんなにしっかりと成立している業界なのかと。ちょっとそこに関してはビックリでした。

―では、この仕事は長く続きそうですかね?

もちろんですよ! すでに家族をこちらに呼び寄せてますからね。後戻りはしませんよ。今後の目標としては「横浜ハッピーマットパラダイス」のお店の2号店を出したいんですよね。とりあえず、今の1号店を軌道に乗せて、どんどんと広げていけたらと思ってます。

―最後に、これを読んでいる方にメッセージをお願いします!

人と接するのが好きな人は向いている仕事だと思います。受付型の店舗なので、お客さん・女の子と常にコミュニケーションをとる必要があります。その点を楽しみながらできるなら、やりがいもあると思いますよ。私と同じ所帯持ちの人も大歓迎! しっかりと完備された福利厚生のもとで、一緒に働きましょう!

―ありがとうございました!

Twitter:@kyan__tama
  • このエントリーをはてなブックマークに追加