インタビュー

成功するまで諦めずに続ける~借金1000万円から年収1000万円へ~

カテゴリー:インタビュー

第2回 キャバクラ『グラマラス』 統括責任者/ササキケイイチさん

ハイブリッド立花の成功者インタビュー企画。初回から原稿提出の締切無視と、文才の無さなどの理由により、第1回で“打ち切り”の可能性が編集部内でにわかに高まる中、編集部スタッフたちへの『土下座で懇願作戦』により、何とかこぎつけた第2回!!

今回は(株)プラザエンタープライズで、高級キャバクラ2店舗を統括するササキ氏へのインタビューをお届けする。落ち着いた雰囲気からは想像できない、借金1000万円からのサクセスストーリー!!もちろん、今回もウソ、偽り、誇張ゼロ!!くすぶっている男子諸君よ、今こそ刮目せよ!!

img_int_sasakikeiichi01

―ハイブリッド立花です。よろしくお願いします。まず、自己紹介をお願いします。

ササキケイイチと申します。(株)プラザエンタープライズの『クイーンズクラブ』と『グラマラス』という店で統括責任者をしています。

―早速ですが、成功者としての秘訣は?

成功するまでやめないことですかね。ずっと上がっていくことはないですし、必ずどこかで誰しもピンチはある。そこで挫折しないことでしょう。

私の場合は、人気の無いお店を任されて、うまくいかないときが苦しかったです。でも、やめるという選択肢はありませんでした。子供の頃は、途中で投げ出すことが多く、それが嫌だったなっていうのがあって。あと、会社にも、環境を変えてもらったりなど、うまくヤル気を起こさせてもらった部分はあります。

―この業界に入ってどれくらい?

12年目です。今の役職までに10年、7店舗目になります。それまでは、1年間、飛び込みの営業をやっていました。ディスポーザーとか、24時間風呂とか、システムキッチンそのものとか。「いきなりピンポーン」で営業するので、きつかったです。こんなの売れるのかと(笑)。メンタルは鍛えられましたけどね。

img_int_sasakikeiichi02

そのときは稼げたり、稼げなかったりで、良いときも悪いときもお金使ってました。
月イチで車を買っては売って、買っては売って…みたいな。そうしたら借金が1000万円になっていました。そして、この業界に入って、5年くらいで返済しました。

―えぇ!?借金1000万円を5年で返済!? 月のお給料はどんな感じで?

入社当初は30万円。借金返済で一番苦労していた時代は、役職について40万円。今現在は、上下することもあるのですが、平均すると120万円から130万円くらいです。

―おいくつなんですか?

33歳です。

―若い…!!!! コメントがみつからないですね…(笑)。
僕、今年31歳なんですけすど、急にササキさんが遠くへ行っちゃった気がします…。

カップ麺をすする日々がコルベットを乗り回す日々へ!!img_int_sasakikeiichi03

―ちなみに、今までで一番高い買い物は?

車が好きなんです。店長になったとき、750万円のコルベットのオープンを買いました。次はマセラッティのグランツーリスモ、アストンマーチンとか乗ってみたいですね。

―夢広がりますねえ…。仕事のどんな部分にやり甲斐を感じていますか?

今は店舗スタッフの成長ですかね。スタッフはキャストを除いて、2店舗で15人。10年前の自分と重ねたりして…。成長していく姿はとても嬉しく、楽しいですよ。良いメンバーが揃っていて、みんなに期待しています。

―スタッフに借金まみれの方は…。

今のスタッフは健全で、借金はまみれはいません。少し物足りなく感じてますね(笑)。
そういえば昔、数千万円の借金を抱えた店長がいましたね。

―数千万…。僕だったらもう眠れません。ササキさんの今後の目標や夢は何ですか?

img_int_sasakikeiichi04

事業部として独立したい、会社内で支社を持ちたい、という事ですかね。あと、業界のイメージも、昔と変わってきていると思います。「水商売」という言葉もなくなるのではないでしょうか。私たちの会社がそうなんですが、福利厚生が充実しているなど、長く続けられる仕事に変わりつつあるのかな…と。短期間で稼ぐというよりは、長く働けるようにしていくべきで、また、その環境を自分で作っていかなければと思っています。

―先ほど借金返済のお話がありましたが、当時の生活ぶりや、思い出の貧乏飯を教えてください。

給料のほとんどすべてを返済に充てていたので、財布に200、300円のときもありました。お店から家まで10キロくらいあったんですが、2時間半かけて歩いて通勤していましたね。家には何も無いし、何も出来ません(笑)。ご飯はお店のまかないでなんとかなりましたが、休みの日は、カップ麺にごはんを入れて食べる日々でした。

返済が終わってからようやく好きな時に好きなモノ食えるようになりました。車も買い換えましたし。それまではとにかく、仕事だけでした。

―カップ麺にごはん、僕、今の主食です(泣)
それでは最後に、今後この業界を目指す人へのメッセージをお願いします。

この業界の経験はなくても大丈夫です。もちろん最初は覚えることもたくさんありますけど、真っ白な状態の方が吸収が早いですから。僕もまったくの未経験でしたし。あと、一般の人間が抱えられる借金の限度は1000万円までですね(笑)。

―実感がこもっています(笑)。成功のためには借金は必要ですか?

もしかしたら必要なんですかね…。頑張る原動力にはなるかもしれないですけど、でも、無いに越したことはないですよ。もう一回あの頃に戻れといわれたら、絶対に嫌です(笑)。

img_int_sasakikeiichi05

Interviewer ハイブリッド立花

1983年生まれ。愛媛県出身。放送作家。文化放送『大竹まことゴールデンラジオ』、Podcast『ユリオカ超特Q無謀な企て』、FMがいや『メロンチックのおらぶラジオ』等、多方面で活動。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加