給与表示の規制について

カテゴリー:原稿について

今回は【給与表示の規制】についてです。

給与表示についてですが、

過去1年間に入社3ヶ月以内のスタッフに実際に支給した実績のある金額」を上限としております。

また、給与欄、および画像の中に100万円を超える金額を書くことが出来ません
(2016/7月追記)

正直、代理店様のモラルに頼るところではありますが、その分クレームがあった場合は厳しく対処せざるを得ません。

場合によってはマージンカットや取引停止などの対応も致しますので、予めご了承をお願いいたします。

 

また歩合についても最近「歩合を含んだ金額」を大きく謳う傾向が見られ、

「誇大広告ではないか?」というクレームも入っております。

そのため歩合給があるものについては分離して表記する、もしくは【歩合含む】などの表記を付加するものとしました。

例として、

標準:基本給○○万円 + 手当 + 歩合【月収○○万円以上可】

OK:月収○○万円以上可【完全歩合制】

OK:月収○○万円以上可【歩合含む】

などの形での記載をお願いしています。代理店様も対応いただくようにお願いいたします。

 

虚偽のつもりはなくても、応募したユーザーがどう受け取ったか?が問題になりやすい世の中ですし、

顧客企業の信用を棄損することにも繋がります。

媒体側としても新しいユーザー確保に努力しておりますので、ご協力いただきますようお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。