店名に読みを添える

カテゴリー:原稿について

今回は【店名に読みを添える】についてです。

 

キャバクラさんなどに多いのですが、「店名がアルファベットのみ」というケースがあります。
例えばトリプルエー、という名前の場合、「AAA」とだけ表記される、という感じです。

 

一番関連するのはフリーワード検索

じゃあ何がダメなの?ということになるのですが、
一番関連するのは「フリーワード検索」です。

 

アップステージでフリーワード検索を実装してみたところ、
思いのほか「店名」での検索が多いことがわかりました。

 

店名で検索する場合、ユーザーはアルファベットでは検索しません。
結局店名がアルファベットだけだと、少し損をする可能性が高くなるのです。

 

ユーザーが読めないこともある!

また、別のケースもありまして、店名が難しい漢字で構成されているケースです。
例えば「達磨」という店名の場合、ユーザーが読めません。

 

ユーザーが読めないと、間違うのが恥ずかしいという心理が働き、
電話の本数が減ることが考えられます。
こういった事態を防ぐためにも読みは有効です。

 

これらの理由からアップステージでは、
「AAA(トリプルエー)」「達磨(だるま)」というふうに読みを添える表記を推奨しております。

 

代理店様、店舗様にはお手数をおかけいたしますが、
参考にしていただきますようお願い申し上げます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。