求人市場の状況(平成28年6月)

カテゴリー:スタッフブログ

今回は【求人市場の状況(平成28年6月)】についてです。
公正な数値として厚生労働省が発表した数値を基に、求人市場の大きな流れを把握します。
尚、アルバイト募集なども想定してパートも含めた数値を使用しています。

【用語説明】

  • 有効求人 ⇒ 実際に人の募集をしている求人案件数
  • 有効求職 ⇒ 実際に仕事を探している人の数
  • 有効求人倍率 ⇒ 有効求職に対しての有効求人の割合
  • 新規求人 ⇒ 1ヶ月内で新しく募集をかけはじめた求人案件数
  • 新規求職 ⇒ 1ヶ月内で新しく仕事を探し始めた人の数
  • 新規求人倍率 ⇒ 新規求職に対しての新規求人の割合

マクロでの求人状況(日本全体)

まずはマクロ(全体)の動きを見てみます。
平成25年度の平均値と直近平成28年の6月の数字を比べています。

有効求人 有効求職 有効求人倍率 新規求人 新規求職 新規求人倍率 就職
25年度平均 2,178,634 2,236,579 0.97 8,111,354 528,892 1.53 175,659
28年6月 2,472,437 1,948,063 1.27 907,184 443,594 2.05 162,804

出典:厚生労働省 平成28年6月 一般職業紹介状況[実数](含パート)より
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11602000-Shokugyouanteikyoku-Koyouseisakuka/G08_48.pdf
ざっと確認していきますと、大きく2つの流れが目を引きます。

有効求人倍率が0.97 ⇒ 1.27へ上昇
有効求人倍率は高くなればなるほど、1人の求職者が選べる仕事の数が増えている、ということです。
雇用サイドから見ると(1.27/0.97)=1.31 ⇒ 31%程度、人を雇う難易度が上がっている、ということです。
新規求人倍率が1.53 ⇒ 2.05へ上昇
新規求人倍率は高くなればなるほど、新規で仕事を探す人よりも、新規で人を募集する企業が多い、ということを意味します。28年6月は2.05と2倍を超えていますので、今後も雇用難易度の上昇が続く、ということが予想できます。
まとめると日本全体の動きとしては、
平成28年6月は平成25年度平均に比べ、31%雇用が難しくなっており、今後もその流れが加速していく
ということがいえるでしょう。


アップステージに良く掲載されている業種について

次に「アップステージに良く掲載されている業種」に絞って見てみましょう。
接客・給仕、自動車運転、営業の3つで【28年6月の実数】【28年6月の対前年比】を見ます。
※倍率はポイント差、その他はパーセンテージで比較

28年6月実数 新規求人 有効求人 新規求職 有効求職 新規求人倍率 有効求人倍率
接客・給仕 41,803 125,348 9,375 36,581 4.46 3.43
自動車運転 32,956 95,575 11,977 43,557 2.75 2.19
営業 30,172 86,682 15,637 66,700 1.93 1.30
対前年比 新規求人 有効求人 新規求職 有効求職 新規求人倍率 有効求人倍率
接客・給仕 7.0 6.9 -8.3 -9.3 0.64 0.52
自動車運転 1.0 3.1 -8.7 -8.2 0.26 0.24
営業 -0.3 5.3 -12.9 -12.3 0.24 0.22

出典:厚生労働省 平成28年6月 職業別一般職業紹介状況[実数](常用(含パート)より
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11602000-Shokugyouanteikyoku-Koyouseisakuka/G35_47.pdf

 

接客・給仕について
有効求人倍率が3.43倍、新規求人倍率が4.46倍とかなりの高水準になっており、前年比でもそれぞれ0.52ポイント、0.64ポイント上昇と求人環境の厳しさがわかります。
また有効求人数が昨年比6.9%増加し、求職者数が9.3%減少しています。
自動車運転について
有効求人倍率が2.16倍、新規求人倍率が2.75倍と全職種平均よりも高くなっています。前年比ではそれぞれ0.24ポイント、0.26ポイント上昇と接客・給仕と比べると上昇率は緩やかになっています。
また有効求人数は昨年比3.1%増加、求職者数が8.2%減少と、求職者の減少が求人環境の悪化要因といえます。
営業について
有効求人倍率が1.30倍、新規求人倍率が1.93倍と全職種平均よりも低くなっています。前年比ではそれぞれ0.22ポイント、0.24ポイント上昇と自動車運転と同程度の上昇率です。
また有効求人数は昨年比5.3%増加、求職者数が12.3%減少と、求職者の減少が目立つ結果となっています。
まとめると、

  • 接客・給仕 ⇒ 「厳しいのにさらに厳しくなる」
  • 自動車運転 ⇒ 「やや厳しいが緩やかに厳しくなる」
  • 営業 ⇒ 「比較的マシだが競争激化の兆候あり」
  • 全体的に求職者が減少している

こんな感じでしょうか?
実際に職業安定所を利用しない事業所や、求職者も居ますが、
目安だと考えて確認していただければと思います。


皆様に気を付けていただきたいこと

今まで見てきたように求人の環境は一層厳しさを増しています。
特に求職者の減少がすごいな、というのが正直な感想です。

数が減っていく求職者を多数の事業者で奪い合う時代。
そんな時代がもう来ている、というのが実感でした。

こういう環境の中では、

  • ・電話1本、メール1本を大切に
  • ・面接を大切に
  • ・入社した社員を大切に
  • ・求人ページの1PVを大切に

という観点が非常に重要です。
それぞれの対応がしっかり出来ているか、今一度見直しをお願いします。

アップステージの中で言えば、

  • ・電話、メール対応の言葉遣い、話し方
  • ・メールやLINE応募対応のスピード
  • ・求人原稿が充実しているか?
  • ・虚偽を排除した信頼される原稿になっているか?

こういったことにご協力頂ければ、より一層お役に立てる可能性が高くなると考えています。
アップステージでも様々な広告やSEO、集客施策などに取り組んで参りますので、
2人3脚でこの状況を乗り切れるよう、ご協力賜れましたら幸いです。
ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


以上【求人市場の状況(平成28年6月)】についてのご案内でした。

求人市場はかなり厳しさを増しており想像以上でした。
我々アップステージも、もっと良い方法がないか?考えながら走っていかねばならない
と気持ちを新たにした次第です。

代理店様、店舗様にはお手数をおかけいたしますが、
参考にしていただきますようお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。