ナイトワーク系の面接時の注意点、履歴書やスーツのマナーとは

カテゴリー:基礎知識

ナイトワーク系の面接時の注意点、履歴書やスーツのマナーとは

新たにナイトワークを始めようと考えている方の中には、面接の進め方やマナーの違いに疑問を持たれる方もいらっしゃることでしょう。ナイトワークは特殊な業界ではありますが、基本的な面接のマナーとあまり変わりません。しかしナイトワークだからこそ、面接時の振る舞いが重要になるのです。
今回は面接の基本的なポイントを確認しながら、ナイトワークならではの特徴・注意点についてご紹介していきます。

履歴書作成はスキルアピールのためにも重用

ナイトワークでは経歴を問わないことも多いので、履歴書不要の求人も存在します。
しかし履歴書は自分をアピールするための大切なツールです。面接の参考資料として、用意しておくのがベストと言えます。
面接で同じような実力の応募者がいた場合、そうしたスキルによって判断する場合も少なくありません。運転免許やPCスキルなど、自分が持てる能力は惜しみなくアピールしていきましょう。
面接で緊張してしまいそうな方は、自分が伝えたいことを履歴書にまとめておくと良いでしょう。伝えたい情報を文章に書き起こす能力があると判断されれば、WEBスタッフや管理業務などに起用される可能性もあります。
持てる力をフルに発揮するためにも、ぜひ履歴書を活用していきましょう。

ナイトワークの面接でも服装はスーツが基本

ナイトワーク系の面接時の注意点、履歴書やスーツのマナーとは

採用面接時の服装は、スーツ着用が基本です。ナイトワークとはいえど、面接にはフォーマルな服装で臨みましょう。
特に男性のナイトワークではスーツを着る機会も多いです。シワやホコリがない清潔感のあるスーツは、それだけで第一印象を良くしてくれます。スーツの着こなしも、面接における重要なチェックポイントであると考えましょう。
また服装自由という指定があったとしても、あまりラフな格好で面接に臨むのは良くありません。ジャケットにYシャツ、スラックスやチノパンといったビジネスカジュアルが一般的です。

ナイトワークの面接だからこそ第一印象が大切

どのような業界でも面接時の第一印象は大切ですが、人と接することが多いナイトワークでは特に重要なポイントと言えます。
アメリカの心理学者メラビアンによると、第一印象を判断する時は「見た目の情報」が5割以上のウエイトを占めているとされています。自信にあふれた姿勢で、笑顔で挨拶をすれば、面接を有利に進めていくことができるでしょう。
また、メラビアンの法則では、「話す内容」以上に「声の大きさ・話し方」といった情報が印象を左右すると言われています。元気よくハキハキと話すように心がければ、それだけで積極性やコミュニケーション力を評価してもらえます。

ナイトワークの面接でも書類や身だしなみ、第一印象といった面接の基本は変わりません。むしろこのような基本的なポイントが、ナイトワーカーにとっては必須のスキルと言えるでしょう。
採用のチャンスを勝ち取るためにも、基本的な面接マナーを大切にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加