体験レポート

横浜の南国風ガールズ居酒屋『なつこ』に行ってきました!

カテゴリー:体験レポート

人気タレントの範田紗々が『稼げる男の仕事』の様々な現場を訪問! 業務内容、仕事場の環境、働く上でのポイントなど、高収入求人の気になる舞台裏を体験レポートします!!


第3回 横浜/ナイト系飲食 ガールズ居酒屋『なつこ』

範田紗々が横浜の南国風ガールズ居酒屋『なつこ』を体験レポート皆さんこんにちは! 今回は、わたくし範田紗々が育った街、横浜にやって来ました~! 久しぶりの地元、「あ、ココよく行ってたなあ~」とか「あ、違うお店になってる!」とか、ちょっとした再会や発見を楽しみながら、本日の見学先に出発です!

お仕事を見学させて頂いたのは、ガールズ居酒屋『なつこ』さんの横浜西口店。横浜駅のみなみ西口(相鉄口)から歩いて5分、従業員の女の子が皆さん水着で接客してくれる、南国をコンセプトにした居酒屋です。お店とっても広い! 木目調のレイアウトが海の家っぽくもあって、リラックスしてお食事できる雰囲気です。この日はとっても暑かったので、さっそく注文したくなっちゃった…。

『なつこ』さんのお仕事、初めは店内の清掃とテーブ ルのセッティングから見学。開店前と閉店後にしっかり清掃して準備を整えます。座布団を床の目に合わせて並べる徹底ぶりにビックリ! お店に入ったとき、キレイだなぁ…と思ったんですが、こういう細かい気配りが、お客様を気持ちよく迎え入れられる秘訣なんですね。

範田紗々が横浜の南国風ガールズ居酒屋『なつこ』を体験レポート

案内して頂いた富田さんのご指導で私も挑戦。テーブル用のアルコール消毒液は付け過ぎず…。メニュー、おしぼり、灰皿はお客様が使いやすい位置に…。そして座布団を…。はい、バッチリです! 合格いただきました♪

あ、でもビール注ぎは……。

う~ん…。泡、富田さんの倍。

居酒屋といえばビール。最初の一杯が泡だらけのビールだったらガッカリですよね…。美味しい注ぎ方、練習します!

範田紗々が横浜の南国風ガールズ居酒屋『なつこ』を体験レポート

厨房にもお邪魔させて頂きました。「食器は一度洗剤で洗ったあと、さらに食器洗浄機にもかけます。高熱で処理して、油や手汗をとばします」とのこと。グラスを隅々まで洗える専用グッズもありました。グラスは居酒屋で一番多い洗い物なので、お仕事を効率よくはかどらせるための必需品ですね。衛生管理や技術面など、厨房は飲食店の様々なことを学べる場所だと感じました。

範田紗々が横浜の南国風ガールズ居酒屋『なつこ』を体験レポート

厨房を見学していたら、ちょうどこの日の食材が届きました。すごい量! 料理にもこだわっている『なつこ』さんには、新鮮な野菜や魚が毎日届きます。料理長の飯塚さんにお話を伺いました。

「ガールズ居酒屋と聞くと、料理は二の次…という印象をお持ちの方もいると思います。だからこそ料理にも力を入れています。北海道から産地直送で仕入れたり、メニューも工夫したり。お客様に満足いただける料理やお酒の提供を心掛けています」

お通しの枝豆も味付けにひと工夫。

塩加減、絶妙……♪

ん~、美味しい♪♪

大好きな枝豆、いっぱい頂いちゃいました。お食事の美味しさも人気の秘密なんですね。料理スキルもどんどん上達しそうです。

範田紗々が横浜の南国風ガールズ居酒屋『なつこ』を体験レポート

『なつこ』さんでは様々なイベントが行われていますが、その企画もスタッフの皆さんで考えているそうです。

「ホール接客や調理補助といった通常の居酒屋業務だけでなく、イベントの企画や提案などを通して、お店の運営にも携わって頂けます。自分のアイデアをどんどん発揮してください!」

自分の企画でお客様が盛り上がったら嬉しいですよね。「“コレいいな”と思ったら3日後には始めてる(笑)」こともあるんだとか。やり甲斐ありますね! 私も企画提案してみようかな?

範田紗々が横浜の南国風ガールズ居酒屋『なつこ』を体験レポート

report:範田紗々
1985年4月18日生まれ。T158・B90・W59・H82。2002年デビュー。2010年7月にAV引退。その後はラジオパーソナリティ・映画・Vシネマなど幅広く活躍中。7年ぶりの写真集『紗々-sasa-』が彩文館出版より発売中。主演Vシネマ『アンテッド・セメタリー』がラインコミュニケーションズより発売中。

趣味:ヨガ 資格:温泉ソムリエ

Twitter:@handasasa

  • このエントリーをはてなブックマークに追加