就職活動の結果を左右する「清潔感」の出し方

カテゴリー:就職活動

就職活動の結果を左右する「清潔感」の出し方

就職活動では清潔感が大切だと言われますが、業界への就職でも同じです。清潔感とは、実際に清潔にしているかどうかではなく、見た目の印象のことを言います。
では、どうすれば清潔感は出せるのでしょうか 具体的な出し方をチェックしていきましょう。

清潔感と清潔は別物

毎日シャワーを浴び、洗濯した服を着ていたとしても、「見た目」で清潔感がないと判断されてしまうこともあります。
例えば、髪の毛は伸び放題で無精ひげが生えている人、着古して襟が伸びたTシャツ、黒ずみや黄ばみが残っているシャツ、伸びて色あせたパンツなどを着ている人からは、清潔感を感じることはできません。

「清潔」と「清潔感」では意味が異なります。
清潔感とは「爽やかに見える外見」のこと。毎日洗濯してヨレヨレになったTシャツより、毎日洗濯はできなくてもスーツやジャケットを着ている人のほうが、人は清潔感があると判断するものです。また、清潔感のあるイメージを周囲に与えられる人は、服装が人に与える印象を心得ているので、だらしない服装で人前に出ないといったTPOを知っている人でもあります。
そうした「常識を知っている」という安心感がありますので、清潔感がある人は「誠実そう」「安心できる」といったプラスの印象を与えることができるのです。
では具体的に、清潔感を出す方法について見ていきましょう。

清潔感を出すために本人が気を付けるポイントは

■髪型
髪は短くすると清潔感がアップします。特に好感度の高いヘアスタイルは黒髪の短髪。オシャレではありますが、髪の毛を長くすると誠実な印象が失われてしまうので、清潔感を出したいなら髪の毛は短めにするのがおすすめ。特に前髪ともみあげはきちんと整えることが大切です。

■肌
肌が汚いと不潔に見えます。オイリー体質や吹き出物が出やすいなど、体質的にしかたない部分もありますが、何もしないガサガサ肌よりは、スキンケアを取り入れたしっとり肌のほうが、清潔な印象を与えます。男性用の基礎化粧品を使ってみましょう。

■口臭、体臭
見た目が爽やかでも、体臭がきついとすべてが台無しです。口の中に汚れが残っていると臭いがきつくなるので、歯磨きは丁寧にしっかり行いましょう。フロスを使って歯と歯の間の汚れを取るのも効果的です。体臭も、毎日お風呂に入る、清潔な下着を着る、デオドラント剤を使用するなどで改善されます。

清潔感のある服装のポイントは

■スーツ、シャツともにシワがない
スーツやシャツのスタイルは誰が着てもきちんとした感じが出せる万能アイテムですが、シワが入ったヨレヨレ状態では、逆にくたびれて見えるのでマイナスイメージです。
面接の時にはスーツもシャツもシワのない、パリっとした状態で面接へ行きましょう。

■靴が汚れたり、すり減ったりしていない
せっかくスーツがビシっと決まっても、靴が汚れていたりすり減っていると相手に残念なイメージを与えてしまいます。汚れはきちんと落としておきましょう。つま先やかかとがすり減っているなら、新しいものを用意しておくと安心です。

就職活動の結果を左右する「清潔感」の出し方

ボーイは客に接する機会が多く、一般常識を持っていることが重要視されるため、面接時にはスーツで行きましょう。紹介した清潔感の出し方を取り入れて、誠実さを演出すれば、採用側の印象も良くなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加