インタビュー

“「正直さ」でお客様の心を鷲づかみ!!”~誠実な対応こそ、サービス業の本質~

カテゴリー:インタビュー

第21回『東京オンリーワングループ』 スタッフ/ウサギ(仮名)さん

ハイブリッド立花が、成功者たちへのインタビューから、成功への秘訣と極意に迫る本企画。第21回は、今まさに成功者への道を歩みだしたばかりの新入社員に話を聞くシリーズ!!

今回お話しを聞いたのは、東京オンリーワングループに入社したばかりの新入社員、ウサギさんの愛称で仲間に親しまれている41歳の男性。「小さくても、お店を任せられるようになり、いつかは独立もしたい」と熱く夢を語ってくれたウサギさん。

キーワードはお客様、上司、そして、仲間への“正直さ”だという。ウサギさんのひたむきで“正直”な仕事ぶりに、お客様が信頼を寄せている。仕事に悩むあなたにとって、「自分はどんな仕事をしたらよいのか」、「サービス業はどうあるべきか」について示唆を得るきっかけになるはずだ。

『東京オンリーワングループ』 スタッフ/ウサギ(仮名)さん手取りわずか9万円の極貧時代…

―まずは自己紹介と、現在の仕事内容と給料を教えてください。

無店舗型を運営する、東京オンリーワングループで働いています。入社2年目を迎えたばかりです。ウサギがモチーフとなったデザインのTシャツを着ていたので、キャストからはウサギさんって呼ばれてます。ちょっと照れくさいですね(笑)。

私の仕事は、夕方以降の店内業務を任されています。1日の流れとしては、17時に出勤して、ウェブサイトの更新作業や電話予約の受付、来店されたお客様の対応、そして、キャストへの対応が主な仕事です。途中休憩をはさんで、実働勤務時間は8時間です。給料は月32万円で、毎月の業績目標を達成すると歩合給がつきます。年に1回昇給もありますよ。

―かわいいニックネームですね(笑)。この会社で働くまでの経緯は?

私は青森県出身で、高校を卒業して地元にある焼肉レストランなどを運営する飲食店で働き始めました。長く勤めていましたので、店舗マネージャーという立場になり、上司からはさらに上を目指して店長をやるように言われていました。でも当時の私は店長をやりたくなかったんです。大きな責任を負うことを前向きにとらえることができなかったんですよ。それで、30歳を機に違う仕事をしようと思って転職を決めました。

その後は、水道設備の調査や点検の仕事をしました。この仕事は、かなりお役所的な職場だったので、とても退屈でした。また、仕事の発注先に対して、すごく気を使って接待したり、ゴマをすったりしないといけなくて、気持ち的にも嫌気がさしていました。

何か他に自分に合った仕事がないかと考えていたときに、同じ会社の人が、休みの日だけこの業界で働いていると教えてもらったんです。それで、今までとは違った新しい業界で働いてみようと思ったのがきっかけですね。この会社に入るまでは、業界経験は全くありませんでした。

―経済的に苦労した時代はありますか?

青森の飲食店時代の話ですが、新入社員の給料は手取りで9万円だったんですよ。田舎で物価が安いから、ギリギリ生活できましたが、今思い返すと、さすがに少なすぎですよね(笑)。だから店の仕事が終わってから、バイトしてましたよ。タクシーの洗車をしたり、スーパーの掃除をしたりして、大変でしたね。本当にお金がないときは、友だちの親父さんがやってる寿司屋に顔を出しては、かっぱ巻きや梅しそ巻きを食べさせてもらいましたよ。あとは、カップ焼きそばをよく食べました。わかめスープ付きの(笑)。懐かしいですね。

仕事は楽しくないと続かない

―仕事のやりがいは?

私の場合は、給料も大切だけど、仕事そのものを楽しめるかどうかが大事だったんです。この会社に入って、最初はドライバーの仕事をさせてもらいました。私は車の運転が好きでしたし、色々な場所に行けるのが楽しかったです。田舎者なので、街の景色を見るだけでも新鮮でしたね。

あとは店舗での接客ですね。業種は違ったとしても、やっぱり自分は接客業が好きなんだなと感じます。稼ぎたい気持ちは当然ありますが、仕事していてツラいと感じたり、つまらなければ、給料がよくても続かないですよ。やりがいもあるし、仕事そのものが楽しいので充実してます。

『東京オンリーワングループ』 スタッフ/ウサギ(仮名)さん

―仕事で大切なことって何だと思いますか?

私は、「正直」であることだと思います。人間だから、一生懸命やっても失敗することはあります。あ、しまったな、と思うけど、気持ちを切り替えて、速やかに先輩や上司に報告して、いかにその失敗によるダメージを最小限にするかが重要。黙ってそのままにすると、元々ちょっとしたミスで、すぐに対処すれば解決できたのに、時間が経てば経つほど、大問題になることって、皆さん経験があると思います。

あと「正直」であることは、会社の方針の1つでもあるんですよ。お客さんに対しては、キャストの人柄や特徴など、徹底的に正直に、情報をお伝えします。お店にはリピーターのお客様が多いんですよ。その理由は、キャストの評価が高いことに加えて、男性スタッフへの信頼が厚いことが、お客さんの満足度を高めて、2回目、3回目につなげているんです。お客さまから、「今度からあなたに相談するよ」と言われたときは嬉しかったです。正直さが信頼につながるんだと感じた瞬間ですね。

―読者のみなさんにメッセージを

私は、今41歳ですが、上司は自分より年齢が若いです。でも、丁寧に仕事を教えてくれたし、しっかりフォローしてくれます。それに独立希望者も応援してくれます。将来の目標がある人は、その第一歩として、チャレンジして欲しいと思います。

私自身、将来もっとステップアップしたいと考えています。昔と違って、今は、小さいお店でも、任せてもらえるようになりたいと考えるようになりました。目標に向かって頑張っていこうという前向きな人と一緒に働きたいですね。

『東京オンリーワングループ』 スタッフ/ウサギ(仮名)さん

Interviewer ハイブリッド立花

1983年生まれ。愛媛県出身。放送作家。文化放送『大竹まことゴールデンラジオ』、Podcast『ユリオカ超特Q無謀な企て』、FMがいや『メロンチックのおらぶラジオ』等、多方面で活動。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加