インタビュー

すべて失った男の再スタート!!!~離婚・空き巣被害・倒産を乗り越え~

カテゴリー:インタビュー

第59回『フィーリングループ』チーフマネージャー/角田賢吾(29歳)入社2年目

フィーリングループ チーフマネージャー角田賢吾(かくた けんご)

「そりゃあ、最初はアウトローなイメージがありました(笑)。だけど、入ってみると、“なんて風通しの良い会社なんだ!”と驚きました」

――未経験者であれば夜の業界に不安や懸念を抱くことは、いたって普通のことなのだろう。
現在、横浜市を中心に数多くの店舗を展開するフィーリングループでチーフマネージャーを担当している角田賢吾(かくた・けんご)さんは業界入り前は、現在自分が関わっている世界の店舗を一度も利用したことが無かった。
だからこそ「怖い世界」というイメージを持ってしまうのは至って普通のことだろう。
それなのに何故、彼はこの業界に飛び込んできたのだろうか?

「子供の頃から自分は毎日スーツを着るサラリーマンにはなれないだろうな~って思ってたんですよ。それで、実家が美容院をしていたから自然な感じで美容師になったんです。4年ほど経験しまして、続いては映像業界に入ったんです。
最初はそれまでのキャリアを活かしてヘアメイクをしていたんですけど、キャスティングやロケ地の確保など、次第に他の仕事もするようになって、映像の編集もするようになってしまうと、気付けばいわゆるAD(アシスタントディレクター)ですよ(笑)。
それは、それで楽しかったのですが……」

――映像業界は時間が不規則な業界の代名詞でもある。事実、角田さんも何日間も家に帰ることができない日々が続いたという。大変だったけど充実はしていた。しかし、さまざまなアクシデントやトラブルが重なって角田さんは転職を決意する。

最低から最高への転機

フィーリングループ チーフマネージャー角田賢吾(かくた けんご)「ある日、家に帰ったらもぬけの殻だったんですよ。残されていたのはパソコンと離婚届けという。つまり、妻が家を出て行って、さらにその上仕事が忙しくて自分が家に戻れなかったこともあって空き巣に入られているんですよ。しかも、2回(苦笑)。
ただ、妻が出て行った時に家の中の物はほとんど持っていきましたから、パソコン位しか持っていくものがなかったのですが…。
当時、買ったばかりの車のマスターキーを持っていかれまして、もちろん車ごとです。被害届を出しましたけど見つからないってことは、今頃どこか外国を走っているんでしょうね(笑)。」

――本来は笑い事では済まされないことだ。そんな角田さんにさらなる悲劇が襲う。当時、勤務していた映像制作会社の社長が多額のお金を持ったまま消息を絶ってしまったのだ。社長は億単位の額を横領してある日、突然、角田さんの前から消えた。

「会社で他のスタッフと“あれ? 社長、会社に来ないなぁ……”なんて話をしていたら、続々と問い合わせが来まして。社長にも連絡がつかなくなって、いろいろな人に情報を聞いて“えっ!?”みたいな。当然、そこから給料は出なくなったんです…それが2年前ですかね。
会社は無くなって職を探すことになりますが、独身でしたからね、そんなにガツガツしなくていいか~って思ってました。
そんな感じでいろいろな企業をチェックしていたら、弊社の求人に目が留まったんです。
以前の仕事の職業柄なのでしょうけど、求人用の映像があって、それが某予備校のCMのパロディで“なんだ、これは!”と興味を持ちました。
動画の最後に『週休二日で月収80万円以上可能!』というキャッチフレーズが出てきて……そりゃあ、半信半疑でしたよ」

――それでも、角田さんは地元の埼玉県からスーツケースを一つ抱えてフィーリングループに入社を果たした。最初の仕事はドライバーである。しかし担当エリアの土地勘がまったく無く、どこへ行って良いのかわからずにキャストさんに迷惑をかけたこともあり、今でも申し訳なく思っているという。

「最初はガツガツしなくてもいいかなと思っていたのですが、やはり、稼ぎたいので週6日出勤のシフトにしてもらいました。弊社は働くにあたって、このようなプランニングが出来るのが魅力の一つだと思います。自分の場合は週6日出勤のシフトで初任給は28万円スタートでした。
働いて、この業界のイメージが変わりましたね…変わったというよりも驚いたことがありました。
弊社が運営する店舗は客引きを一切行っていませんが、それでもお客様が入っていたことです。
イベントの日に開店前に店舗の外に行列ができていて、“うちの会社は業界ではこんなに有名なのか!”と実感しました」

――そこからは角田さんはあらゆる仕事をこなして今では年収は約600万円もらっているという。
フィーリングループでは1年半以上勤務すると、その後、半年ごとにボーナスが出ることもあって「充実した日々を過ごしています!」とのことだ。そして、角田さんにはさらなる飛躍の場が約束されている。

第二章は静岡から

フィーリングループ チーフマネージャー角田賢吾(かくた けんご)「弊社のグループ店が静岡県に進出しまして、そのマネージャーを担当することになりました。
もちろん、年収も上がるでしょうし、やり甲斐もあります。さらに店長になると収入も増えますし、上を見ていきたいですね。
この会社の良い所は、チームワークが良いところで、言いたいことを言える風通しの良いところだと思います。自分がこの2年間で分かったことは、“手を挙げた分、仕事が広がる”ということです。今後は次の静岡で、まず、弊社の名前を広げること。そして、エリアを広げることが目標の一つですね」

――角田さんがフィーリングループで得たのは、やり甲斐であり、収入であり、自信なのだろう。
新たな戦地である静岡県での展開についても「自分に任せてください!」と言い切った。このように、これからますますの快進撃が予想されるフィーリンググループが欲しい人材とは、どのような人物なのだろうか?

「会社としてはキャストさんにトキメキを与えるためにイケメンとか言ってますけどね…もちろん、それは冗談です(笑)。向上心がある人、夢を持っている人、そして、一歩踏み出してくれる人が必要です。スキル云々じゃないし、業界未経験だってOKです。経験があると、逆に“この業界はこうだ!”という固定観念を持ってしまうこともあるので、真っさらなほうがいいかもしれません。
たとえ、異業界出身でも何かしら活かせる経験ってあると思いますし、自分の場合女性への接し方は美容師時代の経験が生きています。僕自身としては興味本位でもOKだから熱い男と一緒に働きたいですよ。やる気しかない人、競り合える人…望むところです!」

――もしも、この記事を読んでいるアナタに熱い心を持って一歩前に出る気持ちがあったら、数か月後に角田さんと競り合っているかもしれない。
競り合うことは勝負でもあるけれど、何かを得ることができるチャンスでもある。角田さんの言葉の端々には、そんなメッセージも込められているようでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加