スーツはナイトワークの要! 面接時の服装のマナーとチェックポイント

カテゴリー:基礎知識

スーツでの対話

ビジネスマンにとって、「スーツを正しく着こなせること」は重要な要素であり、ナイトワーカーも決して例外ではありません。接客時や店舗対応の印象にも繋がるため、面接時の服装がチェックポイントになっていることも多いです。
今回は面接時の服装について、スーツのビジネスマナーをご紹介します。スーツやワイシャツ、小物類などのチェックポイントを確認しておきましょう。

【面接時の服装マナー】スーツジャケット・パンツ

ラフなイメージのナイトワークでも、面接時にはスーツを着ることが一般的です。
ネイビーなら元気で若々しい印象に、ダークグレーなら真面目で大人びた印象を与えられるので、応募する職種や相手の年齢層に合わせて使い分けると良いでしょう。
ラフなイメージのナイトワークと言えども、面接時には柄物やストライプなどのスーツは避け、誠実な印象を与えられる色を選びましょう。

面接の時、スーツジャケットのボタンは留めておくのがマナーとされています。他にも、一番下のボタンは留めない「アンボタンマナー」もスーツの着こなしとして基本です。
なお、スーツのポケットにあまり物をたくさん入れると、シルエットがダボついて見た目を損ねてしまいます。パンツには携帯電話や小銭入れなど小さい物、ジャケットには薄手のハンカチなど、形が目立たないものだけを収納しましょう。
ポケットについているフタ状のパーツ、「フラップ」は装飾的なパーツです。現代では内側に収納しておくのが基本的なスタイルとなっています。

【面接時の服装マナー】ワイシャツ

ナイトワーカーは「一目見た時の安心感」が大切なので、見た目の清潔感は特に重要なポイントです。シワや汚れのないきれいなワイシャツを着ることは、接客業における基本的なマナーと言えます。
面接時、襟や袖の黄ばみはマイナス評価に繋がってしまうこともあります。洗濯の時に衣類用漂白剤を使うか、クリーニングに出して真っ白な状態をキープしましょう。

またスーツの着こなしには、サイズ感がとても重要です。シャツが裾口から1~1.5cm、襟から1.5~2cmほど見えるサイズ感が理想とされています。適切な丈のワイシャツを選べば、面接でもスマートな印象を与えられます。

【面接時の服装マナー】靴やネクタイなど小物類

ビジネスマナー

マナーに適った小物類は、相手に良い印象を与えるだけでなく、面接時に自分を演出してくれる武器にもなります。ベルトや靴は、スーツの色に合わせて同系色を選びましょう。ダークスーツに茶色系の小物を合わせると、見た目のバランスが崩れてしまうこともあります。
「靴は人を表す」というように、面接官によっては革靴のコンディションをチェックすることも。スーツと同様、汚れや傷のない状態を維持しておきましょう。

またネクタイは、面接で積極性を表現する武器にもなります。
アグレッシブさが求められるナイトワーク業界では、青やグレーなどの落ち着いた色よりは、赤や黄色などの方が好印象を与えられるかもしれません。結び方については、ネクタイの剣の付け根に「ディンプル」という折り目ができるのがフォーマルな結び方です。
これまでネクタイを結ぶ機会の少なかった方は、「プレーンノット」などのシンプルな結び方からを練習しましょう。大柄な方には、結び目の大きい「ウィンザーノット」もおすすめです。

正しい服装のマナーを押さえておけば、面接でマイナスにならないどころか、自分を演出することさえできます。パリッとしたスーツスタイルで、面接を勝ち取りに行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加