ボーイを目指す人は「向き」「不向き」を要チェック!

カテゴリー:ボーイ

ボーイを目指す人は「向き」「不向き」を要チェック!

どんな仕事にも向き・不向きがあるように、ナイトワークのボーイにも向き・不向きというものがあります。ではどんな人がボーイに向いているのでしょうか?
今回はボーイに向いている人の特徴についてご紹介しますので、ボーイを目指している人はチェックしてみましょう。

ナイトワークのボーイってどんな仕事?

ナイトワークのボーイの仕事内容について知っておきましょう。
風俗店やキャバクラといったナイトワークのメインは、「キャスト」と呼ばれる女性スタッフです。その彼女たちの業務を支えるのがボーイと呼ばれる男性従業員なので、ナイトワークのボーイはどちらかというと裏方の仕事になります。

ボーイの仕事は大きく分けて「お店の管理・運営」「キャスト管理」の2つ。
お店の管理運営は、開店前・閉店後の清掃、備品のチェックや補充、来店するお客様の案内や精算、ホール業務、サイトの更新作業など。
一方キャスト管理とは、キャストのシフト管理や出勤確認、報酬の手渡し、指名が取れるようにアドバイスをするといったマネージャー業務のことです。

新人の頃は雑用がメインで、慣れてきたらキャスト管理を任されるようになります。なお、キャストはお店の商品ですからボーイとキャストが恋愛関係になることは基本的にはNGです。

ボーイ向きの特徴1:女の子を大切にできる

ボーイ向きの特徴のひとつめが、女の子を大切にできることです。
ナイトワークの主役はキャストですから、ボーイよりキャストの方が立場は上です。ハードな仕事なので精神的にも肉体的にも疲労するキャストは、バックヤードではイライラしていることが少なくありません。
そんな時も優しく女の子に接することができなければ、キャストからの信頼を得ることができず、キャスト管理も不可能になりかねません。いついかなる時も女の子を大切にできる人が、ボーイ向きといえます。

ボーイ向きの特徴2:向上心が強く努力を惜しまない

ボーイを目指す人は「向き」「不向き」を要チェック!

ナイトワーク業界にやってくる男性には「ガッツリ稼いで起業の資金に充てる」「店長になってもっと稼ぐ」といった目標を持っている人もいれば、なんとなく流れに乗ってやってきた人もいます。

しかし、ボーイの仕事は裏方業務ですから、覚悟や野心のない人には務まりません。雑用時代の収入は高いとはいえず、ボーイで高収入を得るためには昇進する必要があるので、向上心が強く努力を惜しまない人の方がボーイに向いているといえます。
向上心がない人にはお店も重要な仕事を任せにくいでしょう。

ボーイ向きの特徴3:接客マナーを知っている

ホール業務やフロント、電話での対応はボーイの仕事ですから、にこやかで愛想が良いことは重要です。無表情で無愛想な人がフロントや電話で対応してくれたのでは、お客様としてもあまり気持ちがよくありません。逆に言えば、愛想とマナーがよく好感度の持てる接客がおこなえる人はボーイ向きだといえるでしょう。

以上の特徴3つを持っている人なら、優秀なボーイになる素質があります。
自分にはないと思っても、心がけ次第で身につけることができる要素なので、ボーイを目指している場合は必要な条件と思って取り入れていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加